レゴランドの口コミは大人の評価!実際行ったら子供達は楽しそうだった

レゴランドジャパン

どうも、ライターの水田章弘です。

あなたはレゴランドって知っていますか?

2017年4月1日に名古屋にオープンしたテーマパークです。

しかし、ネットの口コミでは結構マイナス発言がありました。

  • 値段が高い
  • 料理のクオリティが低い
  • レゴの世界観を壊している

といった声が特に多かったです。

そこで今回、QOLHacksの突撃隊である僕が実際のところレゴランドってどうなのよ?ってことを確かめて来ました。

「家族と休日に行ってみようかな」

「ネットで低評価が多いからやめておこうかな」

「TDRや USJと比べてどうなの?」

と思って実際に行こうか迷ってる人のために、レゴランドの雰囲気や、実際に行ってみた感想、行く前に知っておいた方がいい事をまとめてみました。

気になるレゴランドの世界観と様子を写真付きでどうぞ!

一番気になるのはレゴランドの中の世界観や雰囲気だと思います。

たくさん写真撮って来たので、少しでもレゴランドの雰囲気が伝われば嬉しいです。

入り口や各エリアの世界観

レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン

エリアは全部で7つに分けられています。

各エリアにはそれぞれの世界観があって、エリアごとの違いを楽しめる作りになっています。

詳しいエリアの説明はコチラ!

 

各エリアのレゴのキャラクター

レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン レゴランドジャパン

こんな感じで各エリアには、多くのキャラクターがいます。

実際にアトラクションに乗ってみた!

こちらのアトラクションから乗ることにしました。

サブマリン・アドベンチャーというもので、レゴダイバーの一員となって海底探索に出かけるアトラクションです。

 

潜水艦が来ました。

水中には本物のサメや魚がいます。

数種類の魚とレゴをゆったり眺めるアトラクションでした。

130㎝未満の方は付き添いが必要です。

 

次のアトラクションはこれです。

ただロープを掴んで、手で登るという一見地味なアトラクションです。

子供連れのお父さんばかりの中、一人で登りました。。。

必死に頂上目指しました。

1番に頂上へ行ってやろうと。

小さい子供ばかりなのに、大人気ないことをしてしまいました、、、

 

こんな感じで上まで行けます。

上まで行くと、こうやって手を離すと落ちて行きます。

あとは、時間が来るまでこれを永遠に繰り返します。

なかなか鬼畜です。

終わったあと握力がなくなり、めっちゃ疲れました。

105㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

次はどのアトラクション乗ろうかな〜と思ってたら、時間が・・・

なので、最後はジェットコースターに乗ることにしました。

顔やばい。

乗る直前で気づいたんですが、僕は重大なミスを犯しました。

実はレゴランドには二種類のジェットコースターがあって、これは小さな子供や初めてジェットコースターに乗る子供のために作られたものでした。

なので、コースはとても短く一瞬で終わってしまいました。

並んでいる時の周りの視線が痛かったのは気のせいではありませんでした。

 

アトラクションは全般に言えるのは、やはり子供向けに作られているので、大人が乗ると物足らなさを感じてしまうのかなってことですね。

 

僕が1番感動したエリア

僕がレゴランドで一番感動したエリアの紹介をします。

ミニランドと呼ばれるエリアです。

ここは東京、大阪、京都、名古屋などの街並みや景色を10,496,352個のレゴを使って再現したエリアなんです。

街並みのクオリティが高くて、僕はこのエリアが一番感動しました。

 

本物そっくり。

大阪の道頓堀のグリコポーズでの写真までそっくりでした。

他にも全国の有名な観光地やスポットがレゴで作られていて、ここだけでも十分楽しめました。

アトラクションでは子供向けな感じがしましたが、レゴランドの楽しみ方(大人は)はこういった目で見て楽しむことなのかなと感じました。

ネットでの口コミは実際に行ってみてどう感じたのか?

冒頭でも述べたように、レゴランドのネットでの口コミは低評価のものが結構ありました。

そのことに対して、実際に行ってみた者の意見を本音でぶっちゃけようと思います。

 

レゴランドの入園料は高すぎる?

レゴランドの入園料に関しては1番叩かれていましたが実際はどうなのか?

1日の入園料でTDRや USJと比較してみましょう。

大人 子供
レゴランド 6900円 5300円
TDR 7400円 4800円
USJ 7600円 5100円

 

子供料金が若干高いだけで、大人料金はレゴランドが1番安いです。

しかし、レゴランドの敷地面積は東京ドーム約2,5個分であり、TDRやUSJに比べると約5分の1しかないし、子供向けのアトラクションしかないことを考慮すると、入園料は高いと思います。

それでも、レゴランドのメインターゲットが2〜12歳であることを考えれば、ネットで叩かれているほどではないように感じました。

 

レゴの世界観を壊しているのか?

SNSなどでは「レゴの世界を壊している」という声もありました。

パーク内から道路が見えてしまっているという指摘でした。

 

確かに見えています。

子供の目線でも見えるのか?と思ったのでしゃがんでみたんですが、同じでした。

でも、一緒に来た大人たちが勝手にそう思っているだけで、子供はそんなこと気にしてないんじゃないの?

そう思った理由は、来ていた子供たちが本当に楽しんで遊んでいる姿でした。

 

レゴランドに遊びに来ていた子供はみんな笑顔で幸せそうでした。

普段レゴで遊んでいる子供からすれば夢のような場所です。

子供には目の前のレゴの世界が楽しくてしょうがないんだなと思ったし、その楽しんでる子供が「世界観が・・・」

なんて思わないはずです。

だからネットにある「世界観を壊している」といった声は大人の声です。

子供はそんなこと考えずに純粋に楽しんでいました。

 

出される食事がぐちゃぐちゃ?

これもSNSで多数の声がありました。

でも、挙げられていた写真が名古屋に新しくできたレゴランドではなく、大阪や東京のものでした。

もし、名古屋のレゴランドだったとしても開園したてのバタバタした時期であった可能性があります。

 

これは実際に僕が買ったものです。

ハンバーガーとポテトのセットです。

中身はこんな感じです。

まあ、普通のハンバーガーショップで出されるものと大差ないように感じます。

個人的にはぐちゃぐちゃだとは思いませんでした。

ただ、値段がめっちゃ高かったです。

これに飲み物もついいてて1500円くらいしました。

それでも、商品がぐちゃぐちゃだとは思いませんでした。

 

実際にレゴランドで1日遊んでみて感じたコト

今回レゴランドで1日遊んでみて感じたのは、24歳の大人でも楽しめるよってことです。

僕は子供の時にレゴにお世話になっていたので、その世界を楽しめるテーマパークに来て、久しぶりにワクワクしました。

 

ですが、大人だけで純粋に楽しめるかどうかは意見が分かれると思います。

2〜12歳がメインターゲットであるため、アトラクションが子供向けなのは否めません。

 

それでも1度行ってみる価値は十分にあります。

ネットでの口コミを見て「やっぱり、いいや」って思わないでください。

ネットでの評価は純粋な子供の意見ではなく、大人の意見です。

実際に来ている子供はみんな楽しそうでした。

子供が楽しむ場所なので、子供が笑顔で1日を過ごせればそれでいいのではないでしょうか?

 

それにレゴランドが子供だけをメインにし続けるとは限りません。

社長であるイェンセン氏も記者会見で「レゴのターゲットである2~12歳向けをやったうえで、そこから(ターゲットを広げるよう)挑戦していくことは十分にありうる」と述べています。

それにパーク近隣には2018年にホテルや水族館が建設予定されているので、これまで以上に大人も楽しめるテーマパークになる可能性もあります。

だから、行こうか迷っている人には行くことをおすすめします。

以上、僕自身が実際に行って感じたことでした!

楽しかったので、レゴを買っちゃいました。(組み立てるのに3時間かかった。。。)

 

レゴランドに行く前に知っておくべきこと

最後にレゴランドに行く前に知っておいた方がいい情報をまとめます。

住所 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
電話番号 050-5840-0505
営業時間 10:00〜17:00/10:00~18:00/10:00~19:00(営業時間は時期によって変わります)
アクセス 電車:名古屋駅から約20分

車:一般道から 汐止町交差点を右折。そのまま道なりに進み4つ目の信号交差点を左によって駐車場入り口へ。/高速道路から 名港中央ICを出て、左側道を大きくUターン。そのまま道なりに進み信号交差点手前を左折Uターンし、駐車場入り口へ。

詳しくはコチラ

駐車場 専用駐車場はありませんが、近くに「名古屋市営金城ふ頭駐車場」があります。

 

混雑情報については日によります。

僕が行った時は日曜日でしたが、アトラクションの待ち時間は長くて20〜30分でした。

表示されている待ち時間は1時間だったのですが、確実にそれより短かったです。

なので、アトラクションの待ち時間は混雑が予想される大型連休以外は大丈夫なはずです。

少なくともTDRやUSJみたいに2、3時間待つことはありません。

 

ですが、僕が行った日でもパーク入口では、なぜか行列ができていました。

僕はネットでパークチケットを先に買ってたので、すぐに入れました。

並ぶのが嫌なら前もって買っておいた方がいいです。

 

ここまでレゴランドジャパンについての様子を紹介して来ましたが、実はレゴランドは名古屋だけでなく大阪東京にもあります。

違いは屋内にあるか屋外にあるかです。

大阪や東京は屋内にあるので天候に左右されずに遊べます。

しかし、この記事で紹介したレゴランドジャパンは初の屋外施設で、ここでしか乗れないアトラクションもあります。

僕が乗った潜水艦のアトラクションもその一つです。

一度は行ってみる価値はあります。

ぜひ、レゴの世界観を味わってみて下さい。

レゴランドジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です