漫画インベスターZは投資の世界で通用するのか?投資歴30年のプロに聞いてみた。

どうも、夢を追いかけるために4年間バイトで貯めた100万円の内、80万円をFX(為替取引)で溶かしたことのあるインベスター堤です。

以前に、1万冊読破した男が選んだ!人生を変えるオススメ漫画12選という記事を書いたのですが、それ以来いろんな漫画を読んでいます。

中でも楽しみながら勉強になった漫画がこちら。

インベスターZです!

入学試験を満点で合格した投資を全く知らない中学校1年生が、学校の運営資金を稼ぎ出しているという「投資部」に入り、悪戦苦闘する漫画。現在、モーニングで連載中。著者は受験テクニックや勉強法を題材にした漫画、ドラゴン桜を書いた三田紀房さん

元々、勉強になると巷で話題だった漫画で、現役の経営者の方々、

  • ホリエモンこと堀江貴文さん
  • ミドリムシの培養で話題となったユーグレナの出雲充さん
  • ZOZOTOWNを経営する会社の社長 前澤友作さん

が登場人物として出てくることでも有名です。

めちゃくちゃ面白い漫画なんですが、読んでてどうしても気になることがありました。

それは

インベスターZに出てくる投資の教えは本当に使えるものなのか?

です。

  • キャプテン翼の必殺技はできるのか
  • クッキングパパのレシピは美味いのか
  • カイジに出てくる地下王国はあるのか

と同じようなことですが、

インベスターZに書いてるのはお金を実際に使う、とても具体的な投資の話なので、

本当に使える知識じゃないとヤバいよね

と思うんですね。

特に僕は、冒頭書きました通り、留学するための資金をFXで溶かしてしまった経験があり、「投資で稼ぐ」ということに強いトラウマがあるので、漫画によって生半可な知識を与えて読者が投資に手を出し、大事なお金をドブに捨てるようなことは、断じて許せません。

そこで

インベスターZで語られてることってぶっちゃけどうなの?

という疑問を投資歴30年の株式投資のプロにぶつけてみることにしました。

今回、インタビューを快く引き受けて頂いたのがこちらの方です。

真に自立した投資家を育成する投資プロフェッサー 紫垣英昭(しがき ひであき)

・証券会社で、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を経て、独立。株式投資に約30年間携わる
・大阪府知事からの要請で、中小企業金融制度施策の金融新戦略検討委員会の委員を歴任
約3000名の受講生を抱える個人投資家のための株式投資スクールを主宰
投資の教養(https://toushi-kyouyou.com/)というWEBメディアを運営中

『初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法』 (幻冬舎)、『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』(ユウメディア)、『億を稼ぐ株投資法則』 (ユウメディア)を上梓

今回のインタビューは投資を全然知らない方も原作を読んでない方もきっと楽しんでもらえると思います。

是非、読んでみてください。

 

1、作中の投資の教えは実際に使えるのか聞いてみた

普段は漫画を読まない紫垣さんにプレゼント

インベスター
インベスターZでは様々な名言や格言や投資の法則が登場するんですが、実際にそれが投資の世界で通用するのかをお聞きします。よろしくお願いします。
紫垣
よろしくお願いします。

 

1−1 自分の持ってる資金と相談して利益と損失の額を決めろ

インベスターZ(2巻)Kindle版
P15より引用

インベスター
投資のルールとして「利確10%、損切り5%」って言葉が出てくるんですが、これは実用的なものなんでしょうか?

利確とは、利益を確定させること
損切りとは、損益を確定させてその株を切ってしまうこと

【例】「利確10%、損切り5%」とは?

利確-10000円で株を買ったら、11000円になったら売る
損切り-10000円で株を買ったら、950円になったら売る

紫垣
入門書とかにもよく出てきますね。

これは「何に対しての%なのか」が重要になってきますが、だいたいの場合は買った株の値段から計算します。

インベスター
漫画の中では株価に対して、という話になっていますね。

主人公は「初心者は利確10%、損切りは5%でやれ」と先輩に教わります。

紫垣
なるほど。

僕はこの考え方にはあまり賛成できませんね。

インベスター
そうなんですね!それはどういうところですか?
紫垣
それは10%や5%という数字は持ってる資金から計算しないといけないからです。

それが資金管理のルールだと思っています

例えば、元本100万円持っていたとして、1000株買ってる場合と10000株買ってる場合では損する金額は10倍違うんですよね。

買値から5%下がったら売って損切りをすると考えたとしても、株数が多かったら資金の半分を失うようなケースがあるわけです。

だから、僕のクライアントさんには「元本はいくらあって、どれだけ失っても大丈夫か」というリスク率を決めようと伝えています。

元本からの5%でも結構リスクは大きいです。

インベスター
そんなものなんですね!儲けてやろうと思うと強く、大きく出たくなりますが、5%損した時点で退かないといけないんですね。
紫垣
いくらの元本かにもよりますし、投資スタイルにもよりますが、1-2日で売買する人の5%っていうのは特にリスクが高いです。

まずは自己資金と相談して、そこから利確と損切りのルールを決めていかないとダメですね。

インベスター
一晩で資金の24%をぶっ飛ばしたことがあるので、その前に知っておきたかったです(泣)

 

紫垣さんの運営するWEBメディア「投資の教養」で参考になる記事はこちら

投資資金を120%増加させる為の損切りラインの決め方

 

 

1−2 出口ありきで投資しろ

インベスターZ(2巻)Kindle版
P93より引用

“インベスター”
「株は入り口にあらず、出口にあり」という言葉が出てきます。
“紫垣”
もちろん出口ありきだと思いますよ

出口をどう想定しているかはものすごく重要ですね。

一般的に出口のことまで考えて売買をしてる人はほとんどいないですね。

“インベスター”
とりあえず買う、みたいな感じですか?
“紫垣”
「とりあえず、買う」

「上がると思って買う」

「儲かると勝手に想像してしまう」

こんな感じですね。

“インベスター”
勝手に儲かると想像して買っちゃうんですね(笑)
“紫垣”
そうそうそうそう。

利益はもちろん大事なんですけど、

株の値動きが自分の思い通りにならないケースがほとんどです。そこで出口を想定していないと出られなくなるってことになりますよね。

“インベスター”
出られないとどうなるんですか?
“紫垣”
勝手に儲かると思って持ち続けて、結果、含み損がどんどん増えていくことになりますね。塩漬けと言います。

ですので、入る前に「いいとき」と「悪いとき」の出口を考えておかないといけないです。

そして、入ってしまったらそこを忠実に守るってことが重要ですね。それが、なかなか守れないんですけどね。人間は。

“インベスター”
僕が失敗したときは、一晩で24万円がなくなってしまい、我を忘れてあれよあれよという間に80万円が溶けていきましたね。
“紫垣”
みんなそうですよ。
“インベスター”
みんなそうなんですね(笑)
“紫垣”
 だから、出口がものすごく重要ですね。

どこでやめるかってことを明確にしないといけないですね。

もちろん儲けたいんですが、勝率ってどこまでいっても大体50%なんで。

“インベスター”
ええ!そうなんですね!
“紫垣”
最初はどちらかに偏るかもしれないんですけど、何百何千と取引をしていくと、だいたい50%に落ち着きますね。

サイコロを転がすようなもんですよね。

だから、負ける金額を極限まで小さくするってことで、結果的に利益が生まれるようなことです。

そうなると、損切りって大事だよねっていう話になってくる訳なんですよ。

“インベスター”
損切りを細かく、小さくやるのが大事なんですね
紫垣さんの運営するWEBメディア「投資の教養」で参考になる記事はこちら

損切りの目安を明確にするだけで知らないうちに儲かってしまう不思議!?

 

 

1−3 初心者だって下げ相場を狙ってもいい


インベスターZ(10巻)Kindle版
P187より引用

“インベスター”
初心者の内はブルでいい」と紹介されていて、初心者は株価が上がっていくところで儲けを出して、下がっていくところで勝負するにはたくさんの経験がないとできないと描かれています。これはいかがですか?
“紫垣”
それは関係ないと思いますね。

その人自身の性質というのもありますし。

“インベスター”
紫垣さんは下がったところを買うのが好きなんでしたっけ?
“紫垣”
徹底的に叩き売られた株を買うのが好きなんですよ。

基本的には会社の価値が上がりそうな株を買うのが王道で、「売り上げ」、「経常利益」が上がってる株を買うのが基本です。

でも、僕は右肩上がりの株を買うのが得意じゃないんですよ

“インベスター”
投資のスタイルみたいな話ですね。
“紫垣”
徹底的に業績が悪化して、ボロボロになって、そこから上がっていく会社の株を買うのが好きなんですよ。

一度クラッシュした株で、そこから下がる圧力がないものを買いたいですね。

“インベスター”
例えば、少し前に東芝にスキャンダルありましたけど、買いたいなってなるんですか?
“紫垣”
スキャンダルを起こした会社を狙うっていうのはすごくいいと思います。

ただ、最近のスキャンダルは会社が潰れそうなものばっかりなんで(笑)

“インベスター”
(笑)
“紫垣”
ちょっとそれってどうなん?っていうところありますよね。
“インベスター”
乗り越えたら信頼回復してV字回復っていう類のものではないですもんね。
“紫垣”
僕はスキャンダル好きなので、狙っていきたいんですが、最近のスキャンダルは度を越してると思いますね。東芝が潰れるなんて想像できないですからね。
“紫垣”

王道は上がっていく株を買うスタイルなので、初心者には分かりやすいと思います。ただ、売買をして株価の上下で儲けが出るという意味では一緒なので、大事なところさえ押さえていれば、ベアだのブルだのと考えなくていいと思いますよ。

紫垣さんの運営するWEBメディア「投資の教養」で参考になる記事はこちら

下げても儲かる!空売りを成功させるための3つのポイント

 

 

2、どうしても聞いておきたい素朴な疑問を5つぶつけてみた

実際に漫画を見て頂きながらのインタビュー

2−1 四季報は今も使えるのか?

インベスターZ(12巻)Kindle版
P39より引用

“インベスター”
四季報は投資をする上で今も使えるものなのでしょうか?
“紫垣”
四季報は会社自体の価値を確かめるための百科事典みたいなもんですよね

1990年台後半まではみんな四季報は読んでました。

2000年以前はみんなPCは持ってなかったし、表示される仕組みもなかったんですよ。

証券会社に行って専用の端末を使ったり、道歩いてたら株価が表示されてる電光掲示板みたいなやつがあるじゃないですか。

“インベスター”
ありますね!
“紫垣”
あれを見に行ってましたね。

インターネットのインフラが整って、PCの演算の能力も上がって、やっとこうやってモニターで株価を見たり、売買できるようになったんですよ。

こういうようなことができるようになってから、四季報を読む人はほとんどいなくなりました。

根強い人気があって比較的高齢者の人は使ってますけど、もうお金を使わなくても情報を見れる時代ですからね。

“インベスター”
四季報で会社の歴史をたどっていこうっていう話があるんですけど。
“紫垣”
四季報には、会社の財務分析や株主構成、直近の売り上げ高とか経常利益とか1株利益とか、何年に設立して、何季目とか、そういうものが1ページにまとめられてるものです。

ただ、その会社のホームページを見てIR情報を確認するのが主流ですね。

四季報に書かれている情報は重要ですが、もう四季報で確認する必要性がなくなっているのが現状ですね。

 

2−2 インベスターZの投資部は昔はどう取引していた?

インベスターZ(1巻)Kindle版
P35より引用

“インベスター”
こういうモニターで情報を確認できるようになったのは1990年台後半からというお話でしたが、インベスターZの投資部の学生たちは昔はどんな風に投資をやっていたのでしょうか?
“紫垣”
昔からチャートブックっていうのがあるので、それを見ていたと思いますよ。

“紫垣”
 週に一回発行されるんです。だいたいこういうのを見るしかないっていうことですね
“インベスター”
え!?週に一回!?こういうのを見て分析してたんだろうなってことですか?
“紫垣”
コンピュータ自体がないですからね。
“インベスター”
証券会社も出入りできないですよね。
“紫垣”
できないですよね。せいぜい、株価のボードを見に行くくらいですよね。売買とかはもちろんできませんからね。

今、投資をやってる人たちからしたら、そんなアナログな投資は考えられないでしょうね。

グラフとかは手書きの人もいたし、地道に情報を得ながらやっていたんでしょうね。

 

2−3 6つの銘柄の売買は分散投資なのか?

インベスターZ(13巻)Kindle版
P25より引用

“インベスター”
6つの銘柄の株を買ったり売ったりするのは「分散投資」と言えますか?
“紫垣”
金額や目標とする利回りにもよりますが、もっと集中すべきだと思います。
“インベスター”
じゃあ、ポートフォリオ組んだり、投資信託買ったり、証券会社の商品を買ったりするのはあんまり儲からないってことですか?
“紫垣”
基本は大して儲からないですね(笑)
“インベスター”
儲からない(笑)
“紫垣”
時期がピタッと合ってるときは儲かるときはありますが、ほとんどの人が投資信託はやられてしまってますよね(笑)

損しますね。

漫画に描かれている通りで、管理の面で銘柄は集中するべきなんですよね。

10も20も30も、は管理できないですね。

 

2−4 リターン11637%は現実としてできるのか?


インベスターZ(11巻)Kindle版
P127より引用

“インベスター”
漫画の中で、ロビンスカップという投資の大会でリターン11637%を叩き出して優勝するジェフリースコットという青年が登場しますが、ありえる話なんですか?
“紫垣”
それってラリー・ウィリアムズじゃないですか?
“インベスター”
ええ?これって元ネタってことですか?(笑)
“紫垣”
おそらく(笑)

だからと言って本当に優秀かは別の問題になりますけどね。ただ、一応リターン11376%は実現できる数字ではあるということですね。

ちなみに僕はラリー・ウィリアムズからたくさん学んでます。

 

ジェフリー・スコットの元ネタについて


インベスターZ(11巻)Kindle版
P127より引用

インタビュー後に調べてみたら完全に一致していました。インベスターZに出てくるジェフリー・スコットの元ネタはラリー・ウィリアムズだったようです。

アメリカの有名な投資家・投機家。ウィリアムズ%R(W%R)などの数多くの投資手法を発案した。1987年のロビンスカップで11376%(113.76倍)の驚異的リターンを出し優勝し世界にその名をとどろかせた・・・

ラリー・ウィリアムズ (投資家) – Wikipedia

 

2−5 投資に麻雀は活かせるのか?

インベスター Z(11巻)Kindle版
P113より引用

“インベスター”
漫画の中では麻雀がたくさん登場します。

例えば、FX編では、1ヶ月でどれだけ儲けるかを勝負するんですけど、そこで大きく負けてしまって売買するのが怖くなるシーンがあって、その時に先輩に麻雀やれってシーンがありますね。

“紫垣”
それはどういう意味なんですか?
“インベスター”
売買をするのが迷ったり怖くなって、スマホで取引するボタンを押せないような状態だったんですね。だから、先輩たちにひたすら麻雀をやって機械的に牌を捨てられるようになれっていう話でした。
“紫垣”
なるほど!考えちゃって、ボタンを押せないって状態に陥ってしまってたんですね。

その状態は僕も経験ありますし、投資家のみなさん全員が経験してることだと思いますよ。

僕はやったことないんですけど、為替のディーラーで麻雀やってる人は多いですし、強いですよ。

“インベスター”
ヘーーーーー
“紫垣”

アメリカだったらポーカーですね。

僕の周りでも麻雀の場の空気を読んだりするところが投資に通ずる部分がすごくあると聞きますね。

 

3、最後に大事なことをぶっちゃけてもらった

全16巻を買って並べてみた

 

3−1 投資はゲームと思わないとやってられない

インベスターZ(1巻)Kindle版
P105より引用

“インベスター”
「投資は遊び!ゲーム!」というのが出てきますが、これは感覚としていかがですか?
“紫垣”
気持ちとしてはよくわかりますね。

お金をお金だと思うと、躊躇しちゃいますね。

“インベスター”
そういうもんなんですね。
“紫垣”
目の前の数字をお金と思うなという教えだと思いますね。

お金と思ってやるとできないと思いますよ。

“インベスター”
投資はギャンブルと考える人じゃないと信用できないとまで描かれていますからね。
“紫垣”
作者なりのメッセージなんでしょうね。

ただ、一か八かっていう意味で使うとおかしくなりますね。

どう考えても株は一か八かでやるものではないですからね。

株式には裏付けできる価値というものが存在しますからね。

“インベスター”
と言いますと?
“紫垣”
為替というのは通貨の対比の世界でそれに対して売買するものです。だから、それ自体には「価値」はないんです。

ただ、株式は会社がどれだけ利益を出しているか、会社がどれだけ配当を出しているかとか、確認できる「価値」に対する投資なので。

“インベスター”
為替の方が、よりマネーゲームな感じですか?
“紫垣”
為替はレバレッジも大きいですし、そういう要素は高いですね。ただ、あくまでも一か八かではなく、しっかりとやっていく。その上で、大きな金額が動くようなときにはゲームであると思ってやるってことですね。

 

3−2 今年はガクンと下がる日本の株価の見通し

ディスプレイの数に圧倒されました

“インベスター”
最後に今年の株価の見通しをお聞きできればと思うんですが、いかがでしょうか?
“紫垣”
大きなスパンで見るとグーっと上がっていって、ピークを迎えてドカンと下がって、今は少し上向いてる状態ですね。

そして、今年はもうダメだと思います。

“インベスター”
ガンと落ちるってことですか?
“紫垣”
ガンって落ちるってことですね。
“インベスター”
それは怖いですね。
“紫垣”
予想が外れてくれたらいいんですけど、どう考えても上がり過ぎてると思います。
“インベスター”
それは世界の中で見てってことですか?。
“紫垣”
日本はまだ割安なんですが、アメリカが行き過ぎてるんですね。

個々の企業の価値が行き過ぎてるってことではなくて、株式市場にお金が入り過ぎてるってことですね。

ここからアメリカの株価がぐんと下がります。

すると、日本の株価もどうしても下がります。

“インベスター”
そういう構造なんですね。
“紫垣”
今のアメリカの株価は明らかに割高です。

けれど、危ない、危ないと分かってるんだけど、株価が上がってるから投資をせざるを得ない状況になってますね。

例えば自分の資金をファンドマネージャーに預けるとしますよね。

そこで状況として株価が上がっているのに、売ってしまってそこから抜けるというのは「なんで抜けるんや?アホちゃうか?」になっちゃうんですよね。

買って持ち続けないと儲けをみすみす見逃すことになりますよね。

だから、お金を預かっている側は特にここから抜け出せなくなってしまうんですよね。

“インベスター”
まさにチキンレースですね。
“紫垣”
特にアメリカでは株価が上がってる状況の中で、そのゲームから降りるというのは許されないみたいですね。
“インベスター”
じゃあ、ここから下がるときが大事なんですね。
“紫垣”
下がる動きを見せたら早く抜け出さないとガクーンと下がるので、ものすごく重要ですね。

ただ、僕は下がって欲しいんですよね。

“インベスター”
それは下がった株を買うのが好きだからってことですか?(笑)
“紫垣”
その通りですね(笑)

 

まとめ

今回のインタビューの内容をまとめると、

  1. 「利確10%、損切り5%」は、まず自己資金から考える
  2. 出口ありきで投資する。特に損切りが大事。
  3. ブルとかベアとかは関係ない。
  4. 四季報の情報は色んな手段で確認できる時代になった。
  5. 5銘柄以内の集中投資がおすすめ。
  6. リターン11637%を達成した人は実在する。
  7. 麻雀は投資に活きる。
  8. 投資はゲームと思わないとやってられない。
  9. 今年の日本の株価はガクンと下がる。

9つの質問に答えて頂きました。

ちょっとしたズレのようなものがありましたが、概ねインベスターZの内容は投資の世界でも通用するということでした。

何よりも、インタビューにお答え頂いた紫垣さんが投資のことを本当に楽しそうにお話されていて、投資がやりたくなりました(笑)

手取り16万ライターとしては軍資金がなさ過ぎて行動に移せないのは残念ですが、いずれ稼げるようになったらゲーム感覚で楽しみながら投資できたらなと思います。

 

最後に、

記事中でもご紹介していましたが、紫垣さんは投資初心者向けのWEBメディア投資の教養というサイトを運営されています。

実際に値動きを追いかけている映像もあり、かなり具体的な情報が満載です。興味のある方は是非のぞいてみてください。

【動画公開】株のデイトレード初心者が100万円を1億円にするためのプラン

ちなみに僕の一押しの記事はこちらです↑

この記事読むと投資やりたくなります(笑)

 

また、無料のオンライン講座も用意されているので、興味のある方は受講してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です