[連載]Youtuber乃木坂女社長ぴちきょが語る!楽に生きるきっかけを掴むVlogのススメ

オラ!コモエスタ!エスパニョール堤です。

今回は、連載企画「Youtuberの明日」の第六回をお届けします。

「Youtuberの明日ってどんな企画なの?」と気になる人は、まずはじめにこちらをご覧ください。

【企画】「Youtuberの明日」とは?

今や、ユーチューバーもここ2~3年で一気に知名度を上げて、中学生のなりたい職業ランキングにもランクインするほどポピュラーなものになりましたが、その実態は未だに謎に包まれています。

将来なりたい職業ランキング…男子中学生3位に「YouTuber」、2位と1位は? | レスポンス(Response.jp)

ユーチューバーとは一体どんな職業で、どんな人がやっていて、なぜそんなに人気が出るのか?その秘密に迫っていくシリーズです。

 

第六回のユーチューバーさんはこちらのおふたりです!

#010:スマホに挿して使う便利なピンマイク「iRig Mic Lav」のご紹介!より

今回はYoutubeチャンネルで日々、Vlogを配信されているは乃木坂女社長ぴちきょさんこと東 智美さんと、おちゅーんさんこと、おおつねまさふみさんに話を聞いてきました!

おふたりが登場するYoutubeチャンネルなので、3人でのインタビュー記事をお届けします!

“堤”
【聞いた人:エスパニョール堤】

QOLHacksのライター兼インタビュアー兼、副編集長。backspace.fmというポッドキャストでぴちきょさんVlogの存在を知り、個人的な希望で今回の取材を実現させた。

“ぴちきょ”
【話してくれた人:ぴちきょさん】

Youtubeチャンネル「乃木坂女社長ぴちきょ」の運営者であり、株式会社トーモの代表取締役を務める。アラフォーVlogユーチューバーとして活躍中。

“おちゅーん”
【話してくれた人:おちゅーんさん】

長年、IT業界を緻密な観察と批評で見守り続ける「ネットウォッチャー」。インターネットの変遷、WEBサービスやデジタルガジェットに広い見識を持ち、Youtubeチャンネル「乃木坂女社長ぴちきょ」ではパートナーとして登場する。

さてさて、みなさん、いきなり見慣れない言葉が出てきて面食らったかもしれませんね。

そうです、「Vlog」です。

一体なんなの?と思う人が大半なんじゃないかと多いと思いますが、

実はあのトップユーチューバーのヒカキンさんもVlogの人なんです。

VlogというのはVideoBlog(ビデオブログ)の略で、ヒカキンさんが音楽のチャンネルとは別に新しいチャンネルを作ったのも、このビデオブログをやるためでした。

HikakinTVは2011年にスタート

ボイスパーカッションの動画が海外で人気になり、その基盤を作ったあとにビデオブログを始め、ヒカキンさんはトップユーチューバーの階段を駆け上がっていきます。

ヒカキンさんご自身が「Hikakin’s Video Blog Channel Open!!!」の動画で、

「自分の子どもに見せたり、自分がおじいさんになったときに若いときにこんなことやってたよっていうのを見たい」

と仰っています。

現在は、ヒカキンさんを始めバラエティ色の強い動画がたくさんありますが、自分のログ(記録)をビデオに残すのが「Vlog」の本来の意味なんですね。

そして、今回お話しさせて頂いたぴちきょさんは、本来のVlogの意味に近い活動をされています。

ヒカキンさん、はじめしゃちょーさん、東海オンエアさん、フィッシャーズさん、佐々木あさひさん、関根りささんなどなど、大活躍されてる方達はもちろんユーチューバーですが、

僕の個人的な思いとして、毎日のように自分のログをVlogとしてYoutubeに残す人たちこそ、実はユーチューバーなんじゃないかなと思っています。

是非、今回の取材で

  • Vlogって一体どんな文化なのか
  • Vlogをやってる人たちはどんな目的でやってるのか
  • Vlogで得られることはなんなのか
  • Vlogを始めるにあたって気をつけることはなんなのか

を知って頂けたらと思います!

後半は、「自由に生きる」とはなんなのかというのは会社を経営しながら自分なりの生き方を開拓しているぴちきょさんから、

どうぞご覧ください!

 

1、Vlogって一体なんなの?

ぴちきょさんの事務所にお邪魔させて頂きました

“堤”
VLogというもの自体がみなさん馴染みがないと思うんですが、

どういうものなのかを、かんたんに説明して頂けますか?

“ぴちきょ”
一言で言うと、「ブログがビデオになった」ということですね。
“堤”
なるほど!文章で書く「ブログ」というのは、みなさん馴染みがあると思いますが、それの動画バージョンだっていうことですね。
“ぴちきょ”
ブログも、日記的なものもあれば、商品紹介コラムみたいなことを書きますよね!

それが動画になったという感じですね。

“堤”
今でこそTwitterやFacebookやInstagramなどなどありますが、日記はブログに書いたりしてますもんね。

匿名でひっそりやったり、ハンドルネームで別人格でやっていたり。

“ぴちきょ”
ブログは自分の思いとか考えとかを披露する場にもなっていたりしますよね。

自分の内にあるものを外に出す手法として、今はビデオが使われているってことですね。

 

2、女社長ぴちきょは何をしてる人なのか?

“堤”
まずは普段は何をされている人か教えて頂けますか?
“ぴちきょ”
会社を経営しています。

2本の柱があって、

1つは、WEB制作を中心に、写真撮影などもやる制作のグラフィックを作るお仕事で、

もう1つはガジェットのアクセサリーを作っています。

こういった

rakuni

というスマートフォン用のケースを作ってます。

アクセサリー作りをやるきっかけになったのが、

こちらです。

“堤”
デジタルガジェットが好きな人たちには、おなじみのモバイルバッテリーですね!
“ぴちきょ”
cheeroというメーカーで作ってるモバイルバッテリーです。

2011年の5月に父が自社の事業部のひとつとして立ち上げたスマホアクセサリーメーカーで、私も立ち上げから参加しました。

2012年の夏にダンボーの初代を出してかなりヒットしました!

父の会社の仕事で、工場に行ったり、商品企画を経験してものづくりのノウハウを学んでいました。

あと、ITの知り合いの方やベンダーさんメディアさんと一緒にcheeroをいうブランドを盛り上げるということずっとやってました。

“堤”
そういう下積み時代があって、今に至るんですね。
“ぴちきょ”
父はデジタルなものが好きで、私は雑貨が好きだったので、

cheeroを通して学んだことを生かして、rakuniを作りました。

“堤”
手前味噌なんですが、、、実は、、、

cheero使ってます!!

“ぴちきょ”
おー!懐かしい!嬉しいです。ありがとうございます。これってめちゃくちゃ古いモデルですよねー!
“堤”
2012年に買ったと思うんですが、今も現役で使ってます!

 

ちなみに、、、

今、エスパニョール堤が気になってるcheero商品がコレ!

ケーブル内蔵型のモバイルバッテリー!しかも、LightningケーブルMicro USBケーブル両方が付いてるんです!iPhoneもandroidもイケます!なんせこれ1台で荷物が減らせるのが、ものすごく魅力的です。容量は10050mAhで、iPhoneなら約3.5回フル充電できます。

気になる方はチェックしてみてください!

 

3、ぴちきょのVlog事情を聞いてみた

普段使っている機材も出して頂きました

ここからはぴちきょさんが、どのようにしてYoutubeを始め、どんな風にVlogをやっているのかを聞いていきました。

3−1 ドローンを飛ばすから、せっかくなら撮りたい!で始まった

“堤”
Youtube、Vlogを始めたきっかけを教えて頂けますか?
“ぴちきょ”
2016年の11月くらいからです。
“堤”
きっかけはなんだったんですか?
“ぴちきょ”
ドリキンさんという方ですね!ドリキンさんとはプライベートで仲がいいんですが、彼が日本のYoutuberがやっていないCaseyNeistatスタイルの発信をされています

ドリキン・・・サンフランシスコ在住のソフトウェアエンジニアで、デジタルガジェットのマニアックな話が延々と聞けるPodcast「backspace.fm」のメインMC。ドローン、YoutubeではiPhone、GoPro、スタビライザー、ゲーミングPCなどの幅広いレビュー動画をupするVlogユーチューバー。

 

CaseyNeistat(ケイシー・ナイスタット)・・・チャンネル登録者数800万人を超えるユーチューバー。クリエイティビティ溢れる映像作品や社会に喧嘩を売る体当たり動画で世界的な人気を誇る。アラジンのカーペットを模した電動スケートボードでニューヨークを走る動画の仕掛け人でもある

 

“ぴちきょ”
ドリキンさんはサンフランシスコにいらっしゃって、アメリカ西海岸のVLogノリというのをずっとやってらっしゃってます。

「もっとアラフォーYoutuberのVLogが増えてもいいと思う」

とずっと仰ってて。

私も、やりなよやりなよってずっと勧められてたんです。

“堤”
ずっとオススメされてたんですね!
“ぴちきょ”
私が始めたのは、Mavic Proを買って、
“堤”
ドローンのmavicですね!

“ぴちきょ”
飛ばすんだったら空撮したいし、空撮するんだったら、何か出す場所が欲しいなと思って始めました!

記念すべき1本目の動画

“堤”
新しいものを買ったり、イベントに行ったりっていうのは、Youtubeを始める大きなきっかけになりますよね!

ずっとやってこなかったことに、何か理由ってありますか?

“ぴちきょ”
そもそも、考えたこともなかったです!
“堤”
えー!そうなんですね!

今はこんなに楽しそうにしてるのに!

“ぴちきょ”
そもそもYoutubeを見てなかったですし、

Youtubeの動画を自分で撮るなんて全くでしたね。

おおつねさんは前からYoutubeをずっと見ていたので、横目でチラチラとは見てたんですが、

“堤”
ここで、おおつね(おちゅーん)さんが登場ですね!
“ぴちきょ”
おおつねがドリキンさんの動画を見ていて、横にいるからどんどんドリキンさんが馴染んで行った感じですね(笑)

ただ、そもそもYoutubeを見るという習慣が全くなかったですね

“堤”
じゃあ、やりなよって言われてるし、ドローン買ったから、とりあえずやってみようかっていうノリで始めた感じだったんですね!

 

3−2 そもそもお金を稼いでやろうという意識はアラフォーユーチューバーにはない

“堤”
考えてみれば、

確かに今の10代20代前半の人たちは、スマホもYoutubeも当たり前に手元にあって、「Youtubeやってみる」というのはベースにあると思いますが、

20代後半より上の世代にはない感覚だと思いますね

“ぴちきょ”
目的が全く違うと思いますね
“堤”
どういうことですか?
“ぴちきょ”
アラフォーの人たちは作品作りという意味合いが強いと思います。

映像を作るために機材も買うし、試すし、音質や画質にもすごくこだわるので

“おちゅーん”
iPhoneとかGoProがあれば、VLogは今日からでもできるんだけど、

一通りできるようになったら、もっとなんとかしようって思っちゃって

“堤”
クオリティを高める方向に向かうんですね
“おちゅーん”
新しい機材を買っても、できることが分かったら、もっと何かできないかって追求しちゃうんだよね

有名どころのYoutuberで言うと、ジェットダイスケ瀬戸弘司さんは機材を買っちゃう病気の人たちですね(笑)

“堤”
イマドキの若いザ・ユーチューバーさんとは全く違うスタイルですね
“ぴちきょ”
機材やクオリティのハードルが次々に立ち上がってきて、それに向かっていくんですよね

若い人たちの「新しいお菓子100個買って食べてみました」みたいなことをやって、有名になって、成功して、

それで、お金を得ようっていう感覚とは全然違う方向性ですね

作品発表の場、プラットフォームとしてYoutubeを使っているんだと思います

作品出す以上は、誰かに見てもらいたいから結果的にYoutubeを使ってるって感じだと思います

“おちゅーん”
甥っ子や姪っ子がYoutubeを観る感覚は、僕らの中学校当時の漫画を読む感覚に似てると思います。
“堤”
どういうことでしょうか?
“おちゅーん”
みんな、「漫画家になりたい」っていうのがあったんですよ
“ぴちきょ”
そうそう!私、漫画家になりたかったんですよ!

同人誌書いてたりしてたんですよ!

“堤”
そうなんですね!受ける側から、伝える側に回りたくなる感じですね!
“おちゅーん”
絵を描くのが苦手なやつはバンドやってみたり、歌を歌ってみたり、

中学生って人に認められるために妄想を描きますよね。

俺らの世代の「漫画家になりたい」

今の子たちの「Youtuberになりたい」だと思うんですよ

共通しているのは、自分が楽しんでるメディアをやってみたいっていう部分だと思います

 

3−3 一緒に行った気分になれる旅の映像を作っています

“堤”
VLogを1年間やってみて、何か目的のようなものはありますか?
“ぴちきょ”
旅が昔から好きなんですが、「一緒に行った気分になれる」って言ってもらってます。

特に会社に勤めてたりすると、旅って時間の調整が難しいと思うんです。

私は幸い、スタッフの理解があって旅行に行かせてもらいやすい環境があるので、

“おちゅーん”
「あんまり調子乗らないでください」って怒られるよ(笑)
“ぴちきょ”
自分の好きなときに旅ができるっていうのはどういうことかというと、

通常の半分や3分の1の費用で行けるんですね

“堤”
え?そんなに安く行けるんですか?
“ぴちきょ”
そうなんですよ!

一番安い時期や安い方法を使った効率のいい旅を実現する方法を伝えたり、旅先に自分が行ってる気分になって楽しんでもらえる映像を作ろうっていう意識はありますね

“堤”
なるほど!「自分も行ってる気分になる」っていうのはぴちきょさんの映像からすごく感じますね!

変な話なんですが、ぴちきょさんの動画は「おちゅーんさんと一緒に歩いてる気分」になるんですよ(笑)

 

一同爆笑

 

“ぴちきょ”
確かに!(笑)
“堤”
ぴちきょさんがカメラを持ってるので、おちゅーんさんばっかり映ってるんで
“おちゅーん”
おちゅーんチャンネルになってる(笑)

おちゅーんさんと旅に行ってる気分になれる動画

“おちゅーん”
俺が撮ったの渡しても、編集で消すやん?
“ぴちきょ”
自分が出たいわけちゃうから(笑)
“堤”
素材としては、あるんですね!(笑)
“ぴちきょ”
「声だけで登場すると観てる人が混乱するよ」って教えてもらって、最近は出るようにしてるんですけど、、、

 

3−4 Vlogのおかげで自分たちの旅の質が変わった

“堤”
ユーチューバーをやってみてよかったことってなんでしょうか?
“ぴちきょ”
旅の目的が明確になりました。

撮れ高をベースに旅をするようになったんですよ

“堤”
「撮れ高ベースの旅」って芸人のロケみたいですね(笑)
“ぴちきょ”
撮れ高がベースにあると何がいいかって、

例えば、こっちの田舎のホテルだったらデッカい山があって空撮に向いてるんじゃないかとか、選ぶ基準がはっきりするようになりました

旅に行くこと自体も、旅を通して何かを選ばないといけないときも、

より能動的になりましたね

“堤”
人に見せる、伝えるがベースにあると、旅の質や雰囲気が変わってくるんですね
“ぴちきょ”
旅先でも、Youtubeでちゃんと伝えたいから、ちゃんと見るようになります
“おちゅーん”
旅って疲れちゃって、ホテルでゆっくりしようってなりがちだけど、

日の出撮りたいから4:10にアラームつけて起きないとってなるよね(笑)

 

3−5 iPhoneで撮ってiPhoneで編集でもイケるけど、コンデジ×iPadProがオススメ

“堤”
機材の話を聞いていきたいと思うんですが、
“ぴちきょ”
メインのカメラがPanasonicのLX100です
“堤”
コンデジですね?
“ぴちきょ”
あともう一台がSonyのRX-100
“おちゅーん”
だいぶ長い間、iPhoneだけだったね
“堤”
そうだったんですね!
“ぴちきょ”
iPhone7Plusで撮って、そのままiMovieで編集してました

福井のこの動画で、自分の中でiPhoneでの動画制作に納得がいったから次のフェーズにいこうってなって。

 

“ぴちきょ”
PilotFlyC45っていうジンバルにピッタリなんですよ
“堤”
コンデジはオススメですか?
“ぴちきょ”
軽くて持ちやすいし、小さいので邪魔にならないし、RX100はバリアングルなので自撮りも撮りやすいです

いい映像を撮れるのに機材が大げさにならないので、外へ持ち出して動画を撮るのにオススメですね

“堤”
撮った動画はPCで編集されてるんですか?

最初はiPhoneでiMovieというお話でしたが。

“ぴちきょ”
iPadでiMovieですね(笑)

最近、iPadProを買ったので、それで編集してます

“堤”
モバイル環境で撮影と編集ができちゃうんですね!

コンデジで撮ったら、SDカードをPCに挿して、PCで編集したくなりませんか?

“ぴちきょ”
移動中にも編集してるんですよ!
“堤”
なるほど!電車とか車とかで!

iPad、便利ですね~!

それなら隙間時間で編集もできちゃいますね!

 

3−6 Vlogなんだけど、たまにテイク2も撮ります

“堤”
モバイル環境で編集されてるとのことだったんですが、VLogの編集って大変ではないですか?

ずっとカメラを回して、必要なシーンを切り取っていくのが大変じゃないかなと思うんですが。

“ぴちきょ”
実は長回しはしないんですよ
“堤”
旅先の動画とかは、ず~~っと撮影されてるようなイメージだったんですが、違うんですね!
“ぴちきょ”
100-150個くらいの短い動画を撮っています

全部iPadに入れると、長くて1時間、短くて25分くらいで収まりますね

そこから、ストーリーとして不要なものをばっさりカットすると15分くらいの動画になって、

最後に早送りの演出を入れたり、細かく編集していって、

だいたい10分前後の動画になります

長回しをすると決定的瞬間は撮れると思うんですが、全部で3時間の動画を全部見ていって編集するのはものすごく大変ですね

“おちゅーん”
たまに、必要なシーンを撮るために、ご飯を食べた後に、お店の軒先で、

「今から、こちらでご飯を食べたいと思いまーす!」ってやるよね(笑)

“堤”
1つの番組を作る感じでやってるんですね!(笑)
“ぴちきょ”
たまに演技してもらったりもしますね(笑)
“堤”
例えば、どういうことですか?
“ぴちきょ”
温泉入るときにゆっくり脱いでもらったり、ご飯食べるときもゆっくり口に運んでもらったり(笑)
“おちゅーん”
ひどいときはテイク2あるからね(笑)

旅行なのに、もう一回食べてとか(笑)

“ぴちきょ”
ホテルに着いたシーンを作るために、先に部屋にカメラ仕込んでから、ドア開けて、「やっと着いたー!」とかってやる人いもいますからね(笑)

 

4、「どうやったら楽に生きれるか」を伝えていきたい

 

4−1 楽に生きる方法を逆算する

“堤”
いわゆるユーチューバーさんたちは、チャンネル登録者数や視聴回数が一つの目標になると思うんですが、ぴちきょさんの場合は少し違うのかなと思います。

何か今後の目標のようなものはありますか?

“ぴちきょ”
もっと自由に生きていいんじゃないかっていうのがあって、

例えば、ウチの会社ではもっと休みを自由に取っていいよって話をしてるんですが、

自分のやりたいことがあって、それが平日にびっしり仕事があるためにできないっていうのはナンセンスはことだと思うんです

私は、お盆やゴールデンウイークは旅行しないんですよ

高いし、混んでるし、サービスが落ちて、いいことが何もないので。

“堤”
確かにそうですよね!休日はどこも混んでてゲンナリします、、、
“ぴちきょ”
ちょっと工夫をすることによって費用を抑えられたりするんですが、みんなやらないんですよ

今ある常識を疑って、少しズラしたりすることでもっとお得に楽しくなる方法を伝えたいと思っています

「旅」という題材は、それが伝えやすいですね

“おちゅーん”
行列とか嫌いだもんね(笑)
“ぴちきょ”
行列は並ばないし、あと特別扱いして欲しいんですよね(笑)
“おちゅーん”
「特別扱いされたい」ってちょっと人聞き悪いけどね(笑)
“ぴちきょ”
例えば、海外で取材に行くなら、報道パスを手に入れるといいんです

プレス用の部屋がある、お弁当が用意されてる、プレスだけのパーティがある、

っていう感じで、世界ではプレスの扱いってすごくいいんですよ

“堤”
そんな特別扱いがあるんですね!知らなかったです!エスパニョールは駆け出しライターなので、すごく参考になります!でも、プレスパスってどうやったら手に入るんでしょうか?

“ぴちきょ”
そこで大事になってくるのが、「PVが取れる記事を頑張って書いてメディアに貢献する」ってことです

「プレスパスが欲しい」って自分のエゴを押し付けるんじゃなくて、みんながハッピーになるためにどうすればいいいかを考えます。

自分の体を使って、何かちゃんと還元できるものがあれば、プレスパスをもらっていいし、結果的に特別扱い受けてもいいじゃないですか?(笑)

“堤”
そうですね!取材で行くなら、ライターに求められるのはPV数を稼ぐ、SNSで拡散される結果だと思います。そうやって、逆算して特別扱いを受けられるように頑張るのはいいことですね!
“ぴちきょ”
自分が特別扱いを受けるためにどうすればいいかを常に逆算してますね(笑)

「どうやったら相手にメリットがあるか」を一生懸命考えて、筋を通して、いいポジションを得られるように持って行くようにしています

“堤”
自分の立ち位置を自分の力で確立するっていうのは、どんな人でも大事なことだと思いますね

僕はサッカーやってるんですが、そんなにうまくなくて、でも、どうやったら試合に出られるか、どんなプレーをすればチームの勝利に繋げられるかを意識するようになってから、ポジションをもらえるようになった経験があります

“ぴちきょ”
「もっと自由に生きよう」というところに繋がってくるんですが、「安くて空いているこの時期に旅行に行きたい!」とするじゃないですか?

そのときに「この日に休みたい」というのがあるなら、会社に交渉すればいいと思うんです

その日に休んだって、仕事としては同じ結果を出すということを伝えられれば、会社や上司や同僚も認めてくれると思うんですよ

「自分の希望を叶えるために、双方がハッピーになる形を模索してみたらどうかな?」というのをYoutubeを通じて伝えていきたいですね

“堤”
ご自身の未来予想図というのはありますか?
“ぴちきょ”
私の人生、いつもノーアイデアなんですが、

「rakuni」というブランドは、

「もっと楽に生きましょうよ」っていう意味なんです

rakuniは「楽に生きよう」を形にした

“ぴちきょ”
それをグッズとして見せているのがスマホケースなんですね

「どうやったら楽に生きられるんだろう?」というのを考えながら生きていきたいというのはありますね

 

4−2 自由に生きる、楽に生きるの勘違い

“ぴちきょ”
ただ、本当は私の会社でも自由出勤みたいにしたいんですけど、普通の人って人目がないと仕事ができないんですよね。

私もそうです。

だから、昔ながらの朝出社して夜に帰るっていう定時制をとってるんですね。

自分がどうしたいかではなく、環境にそうさせられるっていうのは見逃せない大事な要素だと思います。

“堤”
ルールはできるだけない方がいいって思ってる人出勤時間が決まってることがナンセンスだと思ってる人は多いと思いますね

だから、若い人は「ユーチューバーになりたい」みたいな感じになってる気がします

“おちゅーん”
「自由に生きたい」みたいな
“堤”
「好きなことで生きていく」みたいな
“ぴちきょ”
それってめっちゃ大変なことやと思いますよ〜
“堤”
いや〜ほんとそうですよね〜

自分で自分のことを管理しないといけないですもんね

“おちゅーん”
ぴちきょさんは、普通の社会生活を送るのが難しい人なんです(笑)

物はよく失くすし、よく壊すし、転ぶし、約束したアポを忘れる、っていろんなことをやらかすんだけど、自分の会社をやっててそれなりに運営してるんだから、「しょうがない許そう」っていう風になってる

せめて、なんとか社会に関われるように枠を作ってる感じなんよね

“ぴちきょ”
それはすごいあります!

そのままにしていたら飛んでいっちゃう風船の紐をくくっておく場所を作ろうって思ってますね

元々、会社も父親に作れって言われて強引に作られたものなんで(笑)

ここまで何とかしてやってきてる感じなんですよ

“おちゅーん”
「世界を変えてやる!」みたいな感じで起業する人は多いと思うんだけど、ぴちきょさんは消極的な理由で始まってるんだよね(笑)
“堤”
やらなあかん状況になったから、ここまでやってこれた感じなんですね!

自分を環境に当てはめたり、自分の環境を自ら作るっていう視点で生きてる人は少ないと思います

若い人は特に

どっちかというと自己表現に寄ってるというか

“ぴちきょ”
自由になったつもりで、どんどん自分の首を絞めてる人は多いと思いますね

私は、忘れ物もしないで、ちゃんと生きることができる人はすごい才能やと思いますし(笑)、それがないと成り立たたない職業もいっぱいあるじゃないですか

適材適所の見極めを間違ったときに悲劇が起きると思いますね

“堤”
「自由」って言葉だけを何となく追い求めると、迷子になる気がします

自分に合った生き方を自分なりに模索していく姿勢が大事だと思いますね

ユーチューバーさんてみなさん全然自由じゃないんで(笑)

“ぴちきょ”
きっと自分の目の前にあるイヤなことから逃げるために「自由」を追い求めてるだけだと思うんですよ

でも、その逃げてることって必ず追いかけてきて、後回しにすればするほど、大人になってからの「はしか」みたいに病状が悪化するんですよね(笑)

 

4−3 大学は行った方がいいと思いますよ(笑)

“堤”
この「Youtuberの明日」っていう企画は、ユーチューバーが職業として認識された時代に生き方を模索してる人たちに向けて、ユーチューバーさんから何か伝えられることがあるんじゃないかという思いも合ってやっているんですが、

若い人たちへのメッセージのようなものはありますか?

“ぴちきょ”
本音を言えば、勉強していい大学に行った方がいいと思います(笑)

選択肢が増えますし、「学閥」が使えるんですよ

「学閥」ってチートアイテムで、「〇〇大学出身」っていうだけで、その集まりに呼んでもらえたり、参加できたりするんですよ

無闇に「学歴なんて」って排除するのは勿体ないなって思います

ただ、「俺は、寿司職人をやりたい!」とかがあるんだったら、どんどんその道に進んだ方がいいと思いますよ

“堤”
学歴っていうより、すでにあるコミュニティを使える感じですね

OBや先輩たちが開拓してくれた道がチートアイテムになるんですね

“ぴちきょ”
特に10代って影響を受けやすい時期なんで、今は「ユーチューバー」「好きなことで生きていく」っていうのが流行ってるだけで、若い子たちはトレンドに毒されて、騙されてるだけなんで
“おちゅーん”
身も蓋もない話やな(笑)
“ぴちきょ”
地に足に着けろよって感じですね(笑)
“堤”
ズバッといきましたね(笑)

でも、「自分にはまだ何もない」って自覚してる10代の子は、ちょっと頑張って勉強して、「いい大学」っていうチートアイテムを手に入れておくっていうのは戦略としてはありですよね。

あとは、WEB制作やプログラミングのスキルを身につけておくっていうのもありだと思います。

“おちゅーん”
学歴って普通免許と一緒だと思うんですよ

免許って、取るのに結構なお金が必要だし、めんどくさいことも多いじゃないですか

ただ、持ってたらめっちゃ便利!みたいなメリットが結構ありますよね

“ぴちきょ”
あれもチートアイテムやからね
“おちゅーん”
営業に行く、配達のバイトをする、身分証明に使えるっていうメリットがあって、一切運転しない人でも持ってた方がいいんですよね
“ぴちきょ”
奨学金をわざわざ払って、どこの骨とも分からない大学に行くのはオススメしないですけど、そこそこの努力でそこそこの大学に行っておくっていうのは、いいと思います

自分の中の確固たるやりたいことや方向性がないんなら、「悪いこと言わんから勉強して行ったほうがええよ」って思いますね

“おちゅーん”
そもそも10代で将来の職業とか、自分の本当にやりたいこととかを決めるっていうのは無理やろって思う
“堤”
確かにないと思いますね
“ぴちきょ”
だったら、とりあえず大学行っときなさいって、私はすごい思いますね
“おちゅーん”
とりあえず免許取っておきなさいって思うもんな
“ぴちきょ”
大学じゃなくてもいいと思います

もちろん、専門学校でもいいし、弟子入りでもいいと思うんです

ただ、自分の思い通りに行かないところでもがくってことをしないと、ブレイクスルーっていうのは100%起きないです

学校行かずにユーチューバーになるんだ!っていうのはいいですけど、、、

“おちゅーん”
途中で大学辞めて2-3年やって、鳴かず飛ばずで、25-26歳になりました、そっからどうすんの?ってなるからね
“ぴちきょ”
一花咲かせようとかじゃなくて、地に足着けて生きたほうがいいんじゃないかなと思いますね

残念ながらほとんどの人が凡人なので(笑)

“おちゅーん”
ユーチューバーになるんやったら、会社作って、そこそこのヒット商品出すほうが早いし、やりやすいんちゃうかな(笑)
“ぴちきょ”
ほんまにその方が可能性としては高いですよ(笑)

 

5、Vlogを始めるときに注意しておきたいこと

最後はVlogやるべきか相談

“堤”
VLogってやらない方がいいんでしょうか、、、(笑)

「やることやってからやれ!」って感じがしてきたんですが、、、

“ぴちきょ”
VLogはやりたかったらやったらいいと思いますよ(笑)

ただ、有名になりたいとか、お金を稼ぎたいとか、

何かを得ようと思ってやるのはやめた方がいいと思います

時間の無駄なんで(笑)

“おちゅーん”
焼き魚食べたいんだったら、釣りに行かない方がいいんですよ

それに近いと思いますよ

お金があれば、レストランに行って、

お金がなかったら、魚屋で買って焼けばいいし

“ぴちきょ”
釣りに行く人は「釣り」が好きなので、釣った魚を家で焼いて食べて、それがそこそこの美味しさでもトータルで楽しいじゃないですか

動画撮りたいなと思うなら撮ればいいと思います

最初はiPhoneで撮って、iMovieでやればいいと思います

“堤”
いいカメラやPCやソフトがなくてもできるのは、いいですよね
“ぴちきょ”
あとVlogを始めるときにドリキンさんに毎日1週間やれって言われたんですよ
“堤”
動画でも仰ってましたね!

サムネがドリキンさんのアップ(笑)

“ぴちきょ”
「7日間続かないなら向いてない」って言われて、

とりあえず7日間、毎日やったんですが、ずっと続いて2ヶ月間毎日upできたんですよ!

今は2週間に1回くらいのペースになってますね

もし、7日間続けて義務感を感じたり、面白くないなと思ったらYoutubeはやらなくていいと思います

“堤”
僕もこうやってユーチューバーさんに取材させてもらってますし、そもそもドリキンさんの動画をみていたので、そろそろやらないといけないですね〜
“ぴちきょ”
是非やってみてください!

 

“堤”
本日はありがとうございました!
“ぴちきょ”
こちらこそありがとうございました
“おちゅーん”
ありがとうございました

 

ぴちきょさんのYoutubeチャンネルやRakuniを紹介

最後にぴちきょさんのメディアを紹介します。

Youtubeチャンネル「乃木坂女社長ぴちきょ」

旅行やイベントレポート、Vlog仲間とのコラボ、商品レビューなどいろんな動画を配信されています。ぜひ、一度ご覧になってください!

 

Rakuniの販売サイト

写真をタップして頂ければRakuniの公式サイトへ飛べます。使えば使うほど手になじみ、エイジングを楽しめるスマホケースです。カードやコイン、お札を入れることができて、横向きで立てることもできます。おしゃれで、機能性の高い革製のスマホケースをお探しの方は是非見てみてください。

 

あとがき

ぴちきょさんのインタビューはいかがだったでしょうか?

もっと楽に生きれるのに、頑張ることを怠るから、逆に窮屈な生き方になる

という、逆説的で面白い話でした。

「何かに縛られることが不自由」で、「全てから解放されることが自由」と考ている人は多いと思います。

考えてみれば、これまで取材させて頂いたユーチューバーさんたちは全く自由ではなかったです(笑)

ユーチューバーという枠の中に自分をしっかり当てはめて視聴者さんのニーズに応えようと、みなさんに懸命に頑張ってらっしゃいました。

かたや、今回取材させて頂いたぴちきょさんは、本業で自分の居場所を作りながら、楽しんでYoutubeに映像を配信しています。

自分の足で立てる一本の柱があるからこそ、自由に動画を作ることができ、YoutubeをやることでYoutubeをやってる人との繋がりができたり、Vlogをやることで自分の人生を豊かにされている様子が印象的でした。

共通しているのは、Youtubeに縛られてるんだけど、縛られるおかげで楽しい人生を生きていることかなと思います。

 

ほんと、「自由」ってなんなんでしょうね?(笑)

 

ここまでの六回の連載を通じて、縛れるのを嫌がるんじゃなくて、何に縛られるかを自分で決めることが自由なんじゃないかなと思いますが、

ある程度の期間縛られないと、縛られてよかったーと思える瞬間はなかなかやってこない気がします。

何はともあれ!

ユーチューバーをやってみたい人は、とりあえずVlogをやってみて動画を配信する楽しさや難しさを体験してみるのはいいかもしれません。

是非、ぴちきょさんがやったように1週間は縛られてみてください!

僕は、ずっとやってみたかったことですし、ユーチューバーさんの気持ちを味わってみたいので、これを機にとりあえずYoutubeやってみることにします!

 

それでは今回はこの辺で!チャオ

エスパニョール堤

 

次回は、チャンネル登録者数18万5000人、総再生回数1億6000万回超えの子ども向けアニメーション動画を配信してるユーチューバーさんにインタビューさせて頂きます。

お楽しみに!

ABOUTこの記事をかいた人

QOLHacks副編集長をやってます。時に、エスパニョール堤、時に、インベスター堤、時にインベーダー堤として、時にストリートファイター堤、時にFX堤として、記事を書いています。手取り月収16万円ですが、子ども2人います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です