女子だけのチア部にたった一人で入部した男に話を聞いてみた

京都産業大学3回生の水田章弘です。

QOLHacksのライターをしています。

QOLHacksでは、記事を見た人のQOL(人生の質)が上がるようなものを作らなければなりません。

何を書こうかずっと悩んだ末に見つけた答えは、「人生の質が高そうな人に取材すればいいんだ!」ということでした。

取材を通して感じた想いや情熱を、今あなたが取り組んでいることに活かせてもらえたら幸いです。

今回ご紹介するのは、彼です!!!

img_8581

めっちゃ、人生の質高そうじゃないですか?

高すぎてこんな感じになってます!

img_8582

京都産業大学3回生、内田隼人君です。

僕の友人です。

1891079_573788789413924_6405287083582350543_n

彼は1999年創部以来初のチア男子として注目を集め、新聞記者の方からも取材されています。

しかし、その取材は「やっぱり」というか堅苦しいもので彼の本当の姿ではないと感じました。

大学に入って初めてできた友達が内田くんだったので、彼のことを記者の方よりは分かっているのではないか?と思っています。記者の方には失礼ですが、、、

内田くんのチアへの情熱が伝わるものになっています。ぜひ読んで下さい。

と、いうわけで、京都産業大学にやってきました!(普段通っている大学ですが、、、)

img_9755

チアのイメージでこのポーズしています。

そしてこのポーズを内田くんに見せたら、いきなりポーズを教えてもらうことになりました。

いきなり内田くんにチアのポーズを教えてもらうことになった

img_9721

京都産業大学は神山(こうやま)という山の中にあります。

img_9723
内田くん
はい!これ持って!
img_9725

ポーズの指導をしてもらってます(笑)

img_9727 img_9728 img_9734 img_9733

ポーズ決めました!(笑)

次にラインダンスも教えてもらいました。

img_9736 img_9739 img_9740
内田くん
こう、足を90度に曲げて
水田
む、むずかしい・・・

いきまーす!

img_9746

いちっ!

img_9747

にいっ!

img_9748

さんっ!

img_9750-2
水田
(ヤバい!人がきた・・・恥ずかしすぎる)
img_9753-2

「ぼくは人見知りですが気合でやりました。。。」

「死ぬほど恥ずかしかった・・・」

それでは仕切り直して、内田くんに話しを聞いてみたいと思います。

内田隼人君に実際に話しを聞いてみた

取材は、総合体育館という建物のロビーでさせてもらいました。

img_9652

チアを始めたきっかけ

一番最初に聞きたかったのはチアを始めた動機について。これは誰もが気になるところだと思います。

さっそく、聞いてみました!!

img_9663
水田
最初に聞きたいのは、他にも部活やサークルがあるのになぜチアを選んだのか?
内田くん
入学前から「人とは違うことをしたい!」と考えていて、部活をしたいとは思ってなかったんですけど、入学式でのチアのパフォーマンスを見て変わりました。みんな笑顔ですごく楽しそう!って
水田
その時に、即決したんですか?
内田くん
いろいろ考えました。今までバスケをずっとやってきて好きだったんです。

でも、チアは今しかできなさそうだし新しいことに挑戦したいという思いが強かったので、今までしたことのないことにチャレンジしようと思いました。

14908174_601253073409938_4984744179395451328_n

JR西日本や近鉄、京都バスなどで掲載されている京都産業大学大学のポスター

こんなところにも内田くんが!!!

 

そもそもチア男子とは何か?

次に、チア男子について話してもらいました。

チア男子とは、文字通りチアリーディングをする男子のことです。

「チアをやるのに男、女とか関係なし!!」

by内田隼人

最近、「何者」の作者、朝井リョウさんのチア男子!!も人気で話題になってます。


チア男子! ! (集英社文庫)

今は小説だけでなくアニメもやっています。

水田
今でこそチア男子って聞くようになったけど、まだまだ少数派だと思うんだけど、どうですか?
内田くん
最近、チア男子が話題になって、こんな感じで取材してくれるけど、少数派ということに対してネガティブに思ってないですね。

メジャーじゃないからって悲観的じゃなくて、自分がしていることは楽しいことで自信を持ってやっているから!

水田
男子チアを広めよう!って声もあるんじゃないですか?
内田くん
あるけど、メジャーじゃないから広めようとは個人的に思ってません。

楽しいからみんなにも知って欲しいし、みんなにもやって欲しいと思う。

水田
チアをやることに対する抵抗はなかった?
内田くん
留学中にNBAやNFLをよく見てて、チアがキラキラしてたのを見てたからか、抵抗は全くなかった。

僕はシンプルにチアを女子だけがやるものと思ってなかったから。もともと!

c1d57ade9f33b41df826c8d6bc9a89f8

NBAチアダンサー

出典:livedoor’NEWS

水田
それが珍しいよね!ふつうは女の人がやるものって思うし。
内田くん
そうなんかな?そこらへんがな~。うまく答えられない。細胞的な話なんかな~(笑)
水田
(笑)
img_8607

NIKEが好きすぎて、NIKEのロゴになってる内田くん(笑)もちろん、上下NIKEで統一されています。

チア部で男1人という不安はなかったのか?

1人ということに対する不安は誰にでもあると思います。そのことについて聞いてみました!

img_9672

普段はふざけている内田くんもチアの話のときは真剣そのもの。チアに対する情熱が伝わります。

水田
チア部に入ったとき男子1人だったことの不安はなかったの?
内田くん
男子1人というよりも部活をするということの不安の方が大きかったかも知れない。

週5、6で練習があるわけだし、バイトもしないと親にも迷惑がかかるし。

水田
留学の時も、お金をいっぱい出してもらったりしたって言ってたしね。
内田くん
そう。

そして、チア部の女の子も普通の友達!

あきひろ(水田のこと)に対しても友達だから普通にしゃべれるし、それと同じ感じでしゃべれるし、女子やからこうとかはなかった。

だから、女子の中で男子1人ってことに対して何も思わなかった。入部当初は特に。

水田
ぼくは絶対に無理ですね。

気まずいし・・・

内田くん
別に気にならんかな~。
img_8606

大学内での発表会

水田
じゃあ、別に不安は特になかったってこと?
内田くん
みんなが「男子1人で大丈夫なの?」みたいなこと言ってくるから「あっそうなんかなぁ」って思いはじめた。
水田
自分では意識してなかった?
内田くん
確かに最初は意識してなかった。

でも、みんなから言われだして、こうなんか。

応援しに球場に行ったら、男一人なんで「ん?」ってなるんですよ。

水田
それ嫌じゃなかったの?

ぼくだったら耐えられない。。。

内田くん
最初はぼくも嫌だった。

こっちは真面目にしてるのに。

水田
でも、それが気持ちくなってきた?(笑)
内田くん
そう(笑)今は、それすらも笑ってくれたらなって思う。
水田
うわ、良いこと言うな。芸人みたい。

自分では意識してなかったのが一番の驚きでした。周りから言われて初めて意識し始めたみたいです。

僕はてっきり、男1人で恥ずかしいけど、それを乗り越えて新しいことにチャレンジしたのだと勝手に思い込んでいました。

チアをやっていて一番よかったこと

今度は、逆にチアをやっていて1番良かったと思うことを聞いてみました!

img_9719
水田
じゃあ、チアをやっていて一番良かったことを教えて下さい。
内田くん
やっぱり、「出会い」だと思います。

中学・高校とかでは出会えなかったような日本の上の方で戦ってる自分と近い世代の人達が京産というホームのもと、一生懸命練習したり、それを一番間近で見れるし、応援できる!

勝ったらみんなで校歌を歌ったりして、一体感を感じられます。

水田
そういうの、いいですね!
内田くん
チアのパフォーマンスは、こっちがみんなに元気を与えるつもりでしてますが、僕の笑顔とか見て「笑顔よかったよ」って言ってくれてこっちが逆に元気もらえました。

パフォーマンスしてる最中もすごく楽しいけど、終わった後に元気をもらえるってのは自分がスポーツしてた時には、なかなかわからなかった。

img_8609

内田くんのまぶしい笑顔!

水田
応援する立場だと違う感覚があるってこと?
内田くん
自分がずっと選手側だったのですが、応援する方もすごい一生懸命応援してくれてたんだなと感じました。
水田
応援される側からする側になってみて他に強く感じたことはありますか?
内田くん
試合には勝った負けたの悔しさがあるじゃないですか?選手だったら。

でも、応援してる方もやっぱりその悔しさを感じれましたね。

水田
自分も「やってる側」でしかないからその感覚は新鮮そうですね。

新しいことに挑戦することについて聞いてみた!

水田
新しいことに挑戦することについてどう思う?
内田くん
チャンスはそこら中に転がってると思うけど、それになんか理由つけてやらないことがみんな多いと思う。ぼくもそうだし。

だから、いろいろ制約はあると思うけどチャレンジはしたほうがいいと思う!

水田
新しいことにチャレンジ「できない」って人についてどう思う?

できればアドバイスも!

img_9711
内田くん
絶対みんな何かに挑戦してるけど、それがこうスポットライトが僕はたまたま当たっただけで、たぶんみんな何かしら挑戦してると思う。評価されるかされないかはさておきね。
水田
それは確かに。やってるけどそれが注目されるかされてないかの違いか。
内田くん
そう。

それが自分でこうネガティブに考える人なんじゃない?挑戦してない人ってのは。

僕もさっき言ったみたいに別に自分がしていることがマイナーやからだめとか思ってない。

ポジティブに捉えてるだけ。

水田
してるしてないじゃなくてその捉え方ってこと?
内田くん
そう。それじゃないですかね。それが評価されるかは運もあると思うし。
水田
なるほど。そういうことか。

内田くんのチアに対する情熱

水田
内田くんのチアに対する情熱について聞かせてください!
内田くん
チアに対する情熱は、一生懸命頑張っている人を応援するからには自分もこう、頑張らないとと思いますね。

今は男子チア1人なので、ちやほやされているだけだと思います。絶対。

水田
珍しいからね。
内田くん
そこで安心したらダメだと思う。そこでとどまってはいけない!

内田くんのチアに対する情熱は凄まじいです!彼はパフォーマンスを向上させるために、ウエイトトレーニングに励みました。

その結果、入学時は58㎏だった体重も今は71㎏まで増やしました!

さらに、体操部にアクロバットを教えてもらいに行ったり、名古屋のチア男子サークルにも1人で行ってバク転を習得して帰ってきたりと努力を惜しみません。

このことについて彼は「自分が今いる場所にずっといても成長できない」と言ってました。

14947675_601253163409929_8819570280073235767_n

ちなみに今年、2人目のチア男子(右:内田くんの後輩)が誕生しました。

実際の練習にも潜入してみた

このあと、ちょうどチア部の練習があると聞いたので、実際に練習を見学させてもらいました!

img_9791

総合体育館から少し離れたところにある、この場所で練習しているそうです。

練習は本番が近づいてくると週6になり、11月は地獄らしいです。。。(公開は12月になってしまったけど)

指導者は月に1回OGの人が見てくれるので、練習はほぼ自分たちで行っていると取材で知りました。

img_9820

みんなで円陣を組み内田くんのかけ声で練習がスタート!

img_9821

練習は柔軟から始まりました!

柔軟にとても時間を使っていたのが印象的でした。

チアのパフォーマンスには柔軟性が大切なのかと改めて思いました。

その後、本格的な練習が始まりました!

img_8529

振付の確認や各ポジションの立ち位置から入念に確認していました。

img_9837

写真を見てもらえばわかると思うんですが、こうやって1人が動画で練習を録画しています。

img_9847

そして、1回1回止めながら、こうやってみんなで自分たちの動きを確認し、話し合いながら進めていました。

いつも大学内でもパフォーマンスを行っている裏では、こうした努力の積み重ねが「応援」というみんなの心の支えになっているんだなと感じることが出来ました。

京都産業大学チアリーディング部のみなさんありがとうございました。

img_8608

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

内田くんのチアへの情熱は伝わりましたか?

情熱だけでなく、明るさや面白さも伝わったかと思います。

ぼくが彼の取材をしたのは、彼が本当にチアが大好きで情熱をもって活動しているのを間近で見てて、人生の質の高さを実感していたからです

取材の中でも言っていたように「これを読んでくれた方も何かしらチャレンジはしている」と思います。

そのチャレンジしていることに対して、彼のように情熱をもってこれからも続けていきましょう!

また、「これから新しいことに挑もう!」と思っているのに、最初の一歩を踏み出せてない方は勇気をもってチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

少数派だとか、周りからの視線とか気にせずに、自分が本当に大好きで情熱を持てることに時間を注ぎましょう!

それが、きっとあなたの人生の質を確実に高めてくれるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

読者さんや運営に携わってる人たちと共に"人生の質"を上げていきたい! 書く側も読む側も一緒に成長できたらと思います。 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です