2016年渋谷のハロウィンに潜入!リア充過ぎる写真99選

h39

QOLHacks編集長の佐藤です。

毎年すごい盛り上がりを見せる渋谷のハロウィンですが、リア充の巣窟過ぎて僕の肌に合わないなと思ってました。

しかし、人生の質を上げるメディアであるQOLHacksを始めて3ヶ月、「リア充って結構人生の質高いよな?」と思うようになりました。

だって、あんなに無邪気に楽しんでる彼ら彼女らが羨ましくないですか?僕はとても羨ましいです。

それでも自分で行くにはなかなか腰が重いです。

しょうがないのでハロウィンの前日にOQLHacksのライターに「渋谷のハロウィンにいる渋谷のリア充をウォッチしてきてくれ!」とカメラを持たせて送り出しました。

そして後日、「なぜ自分が行かなかったんだ、、、」と後悔するようなリア充写真が200枚ほど入ったデータを貰いました、、、

せっかく声かけて掲載の許可をとりながら撮影してきてくれたので、今回は2016年の渋谷のハロウィンで撮ってきたリア充過ぎる写真を99枚厳選してみました。

非リア充の方が見ると、めまいや頭痛がしてしまうかも知れないので、覚悟してご覧ください。

今回潜入して写真を撮ってきてくれたQOLHacksのナムルとほりい

1

2016年10月31日の昼頃。渋谷スクランブル交差点前は既に人がいっぱい。

ナムルには急遽、仮装してもらいました。

2

なんか塗ってますね(笑)

3

左がナムル。右が撮影してくれたほりいです。

それではリア充写真をお楽しみ下さい。

2016年渋谷のハロウィンで撮影したリア充すぎる写真99選

ジョーカーに扮したナムルがリア充過ぎて段々腹が立ってくると思います。どうかお許し下さい。
h1 h2  h4 h5 h6 h7 h8 h9 h10h11

これで10枚です。気分は大丈夫でしょうか???

h12 h13 h14 h15 h16 h17 h18 h19 h20h21 h22

以下の2枚は撮影をしてくれたほりい君の写真です。予想以上にチャラい感じです(笑)

h23 h24 h25 h26 h27 h28 h29 h30h31

30枚です。だんだん腹が立って来るのは僕だけしょうか・・・?

h32 h33 h34 h35 h36 h37 h38 h39 h40h41 h42 h43 h44 h45 h46 h47 h48 h49 h50h51

50枚。あと49枚です!頑張って下さい!

h52 h53 h54 h55 h56 h57 h58 h59 h60h61 h62 h63 h64 h65 h66 h67 h68 h69 h70

あと30枚!!!

h71 h72 h73 h74 h75 h76 h77 h78 h79 h80h81 h82 h83 h84 h85

あと15枚、、、

h86 h87 h88 h89 h90

あと10枚。

h91 h92 h93 h94 h95 h96 h97 h98 h99 h100

終わりです。お疲れ様でした。

一気に99枚並べて見たましたいかがでしたでしょうか?

「なんかめっちゃムカつきますよね?笑」

「こいつらどんだけ楽しんで来たんだよって笑」

来年は僕も参加しようと思いました。

もちろん、ナムルとほりいは、ただ楽しんできた訳ではなく、きちんと来年に向けて気をつけるべき点を押さえてきたみたいなのでご紹介します。

2017年の渋谷ハロウィンに行く時に気をつけるべき7つの点

とにかく渋谷のハロウィンは以下の7点に気をつけると、もっと楽しめるみたいです。

  1. 家で仮装をしてくる
  2. お酒などの飲み物は用意する
  3. コンビニは15分待ち
  4. できるだけ目立つ仮装をした方がいい
  5. お菓子を配ると人気者になれる
  6. 震えるほど寒い
  7. トイレでメイクは落とせない

どれもリアルですね、、、

めちゃくちゃ人が多いですからね。本当に簡単にではありますけど、ぜひ来年に向けて覚えといてもらえたらと思います。

まとめ

2016年渋谷ハロウィンのリア充過ぎる写真は楽しめたでしょうか?中には今頃めまいがしている人もいるかも知れません。

毎年、ハロウィンの様子はチェックしていますけど、なんていうんでしょうかね、、、

日本人は祭りが想像以上に好きなのかなって思いました。

そして仮装した女の子はめちゃくちゃ可愛い。

QOLHacksは来年2017年の渋谷のハロウィンに向けて、これから準備したいと思います。

h39

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

QOLHacks編集長。普段は企業に対してウェブマーケティングのコンサルティングを行っている。専門はオウンドメディアを作ることであり、主に記事コンテンツの書き方などを教えている。