実際に世界一周をしてかかった費用は、たったの◯◯◯万円だった。

round-the-world-costs

ライターのIkumaです。

いつかは世界一周したい!と考えている人も多いと思います。

世界一周しようと思った時に色々と気になることもあると思いますが、その中でもお金はいくらかかるのか気になりませんか?

そこで僕が実際に世界一周でかかったお金の内訳を書いてみたいと思います。

これから実際に世界一周に行く人もいつか行きたいと思っている人にも役立つ思いますのでぜひ読んでみてください。

1.世界一周でかかったお金

僕は11ヶ月で24ヶ国周ったのですが、行く前の準備も含めトータルでかかったお金は180万円でした。

行った国は、

タイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、フィリピン、マレーシア、韓国、インド、ネパール、ヨルダン、エジプト、イタリア、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、ベルギー、オランダ、ドイツ、フランス、スペイン、モロッコ、アメリカ、ペルー、ボリビア

の24カ国です。

ざっくり、東南アジア2ヶ月、フィリピン留学1ヶ月、アジア1ヶ月、中東1ヶ月、エジプト1ヶ月、ヨーロッパ1ヶ月、モロッコ1ヶ月、アメリカ1ヶ月、南米2ヶ月という感じです。

なるべく節約していましたが、途中でフィリピンの英語学校に1ヶ月通ったり、エジプトでダイビングのライセンスを取得したり、アメリカをレンタカーで横断したりやりたいことはそんなに我慢せずにやってきました。

初めてのバックパッカーだったので色々と荷物も買い揃えての180万円でしたので意外と安く感じるかもしれませんね。

img_3588

まだまだ現役のクラシックカー/キューバ

 

2.かかったお金の内訳

2−1.保険

保険は一年掛けて10万円ぐらいでした。

絶対に生きて帰る気だったので、バラ掛けで死亡保険は抜いていきました。

10万円は結構大きいですが、保険だけは絶対にかけた方がいいです。

僕は南米でカバンを盗まれたのですが、保険で30万円戻ってきました。

また、旅の途中で体調を壊しても、病院に行ってキャッシュレスで治療を受けられることが多いです。

(国によっては先に払っておいて後でお金が戻ってくることもある)

保険に入っていないと国によってはちょっとした病気の治療費だけで何百万円とかかったりするケースもあります。

自分の身を守るため、必ず保険に入りましょう。

2−2.予防接種

予防接種も日本で4種類売っていきましたが全部で10万円ぐらいかかりました。

海外ではどんな病気があるかわかりません。

世界中で年間50000人近くの人が狂犬病で亡くなっています。(日本では昭和31年を最後に狂犬病は発症していません)

狂犬病は狂犬病を持つ犬に噛まれて発症し、発症すると100%死に至る病気です。

しかも発展途上国だけで無く、アメリカやヨーロッパでも狂犬病で亡くなっている人がいます

また発展途上国では衛生面も悪く、どんな病気になるかわかりません。

予防接種は打つようにしましょう。

また黄熱病の予防接種を打つとイエローカードという証明書がもらえるのですが、これがないと入れない国があります。

黄熱病の予防接種は海外で無料で受けられることが多いので日本で無理に打っていく必要はないでしょう。

僕が打って行ったのは、

  • 狂犬病
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 破傷風

です。

タイのスークファームというところで安く打てるので、少しでも安く済ませたい方はタイでの予防接種も考えてみてください。

2−3.持ち物

577780_485362154906447_87800247_n

民族衣装にバックパック/モロッコ

トータルで15万円ぐらいでした。

バックパックがだいたい4万円ぐらいでした。これが壊れたら旅ができなくなるのでで少し高かったですがいいものを買いました。

あとカメラもコンデジしか持っていなかったのでせっかくなら!と思い3万円ぐらいでミラーレス一眼レフを買いました。

普通の一眼のほうが綺麗に撮れますが世界一周の時には荷物をできるだけ少なくしたかったのでミラーレスにしました。

あとは写真や動画を保存するのにポータブルのHDDを買ったり、アウトドア用の服や靴を買ったりでトータル15万円ぐらいでした。

2−4.移動費

飛行機は全部で12回乗って35万円ぐらいでした。

近い距離の移動はLCCだと数千円で乗れたりしますが、時間はあったのでお金がかからないよう長距離移動もなるべくバスを利用しました。(最高36時間)

できる限り夜行バスを使い、1日分の宿泊費を浮かしていました

2−5.食事代

アジアでは屋台で食べれば一食300円ぐらいで済ませることができます。

ヨーロッパは日本と同じかちょっと高いぐらいなので、朝ごはん付きのホステルに泊まってパンなどを残しといて昼ごはんに食べたりしていました。笑

また、できるだけキッチン付きの宿に泊まって自炊していました。

物価の高いヨーロッパでも自炊すればかなり食費は抑えることができます

481509_382155598560437_1966144032_n

ベトナムのフォー約100円

936768_370974756345188_913908257_n

タイの屋台で食べられるご飯 約300円

2−6.宿泊費

だいたいの目安ではアジアでは一泊500円ぐらい、中東とアフリカは一泊800円ぐらい、ヨーロッパでは一泊1000円〜2000円ぐらい、南米は一泊1000円ぐらいでした。

だいたいの目安なので、もっと安いところも高いところもあると思いますがなんとなくの感覚ではこれぐらいでした。

 

3.お金がかかった国、かからなかった国

当たり前ですが国によって物価は違います。

とにかくお金がかかった国とお金があまりかからなかった国をご紹介します。

3−1.とにかくお金がかかった国

とにかくお金がかかるのはヨーロッパですが、その中でも特にフランスベルギーは高かったです。

1日宿泊費と食費合わせて5000円以上はかかりました。

3−2.お金があまりかからなかった国

アジアは宿も食事も安くあまりお金がかかりません。

特にカンボジアやインドでは1日1000円あれば生活できます

1000185_398054373637226_1913429030_n

裕福ではないが最高の笑顔の子供達/フィリピン

 

4.世界一周するためのお金の貯め方

僕は1年ぐらいは旅をする予定で、しばらくは日本に帰ってこないので不用品はメルカリやヤフオクで結構売りました。

1年後には使わない服や電化製品などが結構あると思うので思い切って売ってしまいましょう!

大学生だったので学校の教科書や参考書もAmazonで売りました。

教科書などの専門性の高いものは結構いい値段で売れることが多かったです。

あとはひたすらアルバイトしていました。

僕はやってないですが、ワーキングホリデーで海外で働くと、英語を学びながらお金を貯めることができます。

特にオーストラリアは最低時給が1400円と頑張って働けば日本で働くよりお金を貯めることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

僕が11ヶ月間の世界一周でかかったお金をまとめました。

毎日いくら使ったのかを書いていたわけではないのでざっくりですがこれぐらいでした。

日本で1年暮らしても180万円以上使っている人が多いと思います。

1年間仕事をせずに海外に行くのは勇気がいるかもしれませんが、日本では絶対に経験できないようなことが待っています。

どんどん海外に興味がある人が増えていけばいいなと思っています!

round-the-world-costs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です